履歴書の書き方

履歴書を書くに際しては、できる限り正確な経歴を記載することを心掛けましょう。以下、履歴書を書く時の基本的な注意点を幾つか上げておきます。


書式と筆記

  • 用紙や書式は特に決まっていませんが、書くべき内容はある程度決まっているので、市販の履歴書用紙を利用すると簡単に作成できます。
  • 自作の書式で書くなら、A4サイズ1枚程度に収まるよう、簡潔にまとめて下さい。
  • 手書きの場合は、ボールペンや極細のサインペンなどで記入します。そして、コピーではなく、オリジナルの用紙を提出して下さい。
  • 文字は、楷書で丁寧に書き、略字は使わないようにして下さい。

記載内容

  • 年度に関しては、西暦(20○○年)か和暦(平成○○年)かで統一して記入します。この際、履歴書と職務経歴書も統一するようにして下さい。
  • 入学や入社に関しても、○○学校入学→○○学校卒業、○○学校に入学→○○学校を卒業、のように表記を統一させます。
  • 連絡先は、必ず連絡がつく住所と電話番号を記載します。もし可能なら、メールアドレスも記載して下さい。
  • 学歴蘭は、高等学校(入学年月、卒業年月)から最終学歴までを記入します。その際、学部・学科・専攻名なども記入します。
  • ふりがなの場合は、ひらがなで、フリガナの場合はカタカナで記入して下さい。
  • 職歴欄は、入退社履歴をすべて記入します。長期のアルバイト期間があれば、それも記入しましょう。この際、法人名は(株)と略さずに正式名称(株式会社)で書いて下さい。
  • 退職理由に関しては、「一身上の都合」と書くのが一般的です。面接の際には、理由を聞かれることが多いので、答えられるように準備しておきましょう。
  • 免許や資格に関しては、運転免許証や英語検定など、社会的評価の高いものを記載します。
  • 趣味・特技については、面接の際の話題作りにもなりますので、具体的に記入しておくと良いでしょう。
  • 志望動機は、企業から興味を持ってもらえるように、わかりやすく簡潔に書いて下さい。

その他

  • 失業期間や海外留学等で仕事についていない期間がある場合も正直に書いて下さい。ブランク期間があると、不信がられて書類選考の段階で落とされやすくなります。
  • 添付写真は、服装に注意し、正面を向いて撮ります。メイクはナチュラルメイクで、特に指定がない限り、モノクロ写真でもカラー写真でも問題ありません。
  • 郵送する場合は、履歴書用紙とセットなっている白無地の封筒を利用します。この際、「履歴書在中」と朱書きしておきましょう。