「自己紹介をして下さい」とは?

転職面接において「自己紹介をして下さい」と言われたら、あなたの職歴について聞かれていると理解して下さい。つまり、面接官はあなたが会社の求める人材に合致しているかどうかを判断しようとしているのです。


職歴の答え方

では、職歴についてどのように答えると良いのでしょうか? 基本的には、前に勤めていた会社がどのような商品を販売し、サービスを提供していたか、そして、あなたはそこでどのような仕事を担当していたか、といったことに触れます。

特に、次の会社の仕事に役立ちそうな経験があれば、そうした内容を中心に話して下さい。もし、過去の職歴とまったく接点がないと思われるなら、その時は、これまでの仕事のなかで自分が工夫し、改善した内容を具体的に話してみましょう。さり気なく、未知の問題に対する解決能力や部下の管理能力などをアピールして下さい。


自己紹介の注意点

一方、これまでに数多くの種類の仕事を経験されてきた方なら、そうした経験を網羅的に話したくなりますが、それはあまりお勧めできません。ここで話すべき内容は、あくまでも会社が求めている人材に関係ある職歴です。

また、資格に関するアピールも、あまり力を入れずに、過去の職務経験を中心に述べて下さい。転職面接では、即戦力のある人材が求められていることが多く、資格はあくまでも参考程度に判断されることが多いからです。