自己アピールのポイント

日本人は、得てして自己アピールが苦手が方が多いと思いますが、面接では自己アピール次第で結果が大きく変わってしまいます。なので、ここでは苦手意識を払拭して取り組んでいただきたいと思います。


自己アピールの前提

さて、自己アピールにおいては、当然ながら、明るさや積極性など仕事に対する前向きな姿勢を訴えることが前提となります。そして、面接では具体的に自分の性格的な長所やこれまでの仕事経験、専門知識、資格などをアピールすることになります。


自己アピールの注意点

ただし、この時に注意することがあります。と言うのも、ただ闇雲に自分の長所と思われることをアピールしてもダメなのです。あくまでも会社のニーズに合った長所をアピールしなければならないのです。

そのためには、事前に面接する会社の求人情報を詳細に調べておく必要があります。例えば、「リクナビNEXT」のホームページには、各企業の基本的な勤務条件以外に、「仕事の内容」や「求めている人材」などが詳しく書かれています。また、「DODA」のホームページでは、勤務条件以外に、「求める人物像」や「選考のポイント」なども記載されていますので、こうした情報を最大限に活用することが成功のポイントです。

そして、会社のニーズに合った自己アピールができるように、事前に良く準備しておきましょう。その際は、出来る限り具体的なエピソードを交えながらアピールできるよう練習しておくと面接官に伝わりやすくなります。