退職理由を聞かれたら?

転職面接では、前に勤めていた会社の退職理由を聞かれることはほぼ確実でしょう。この質問には、どのように答えれば良いのでしょうか?


言ってはいけないこと

まず、決して言ってはいけないのが、会社や上司に対する不満です。その中には、労働条件や環労働境に対する不満も含みます。こうした不満には当然ながら正当性もあると思いますが、面接官には面接者側の問題点としても捉えられてしまいがちなのです。つまり、自社に入社しても同じような不満を持つ可能性が高いと思うわけですね。

また、退職理由として、病気や怪我を取り上げることもありがちですが、これも避けるべきです。健康に不安のある人を雇うことは、会社にとってもリスクがあるからです。どうしても言わなければならないときは、今は完治していることを伝えましょう。


積極的な理由を話そう

上記のことに注意しながら、実際に転職理由を述べるとすれば、積極的な退職理由を伝えましょう。

例えば、「以前の会社で身につけた専門スキルを、より幅広い分野に活かしたいと思い、転職を考えました」「これまでに培ってきたスキルをもとに、新しい仕事にチャレンジしたくなり、転職を考えました」等々、ポジティブな転職理由を簡潔に話すことが大切です。もし、さらに聞かれたら、具体的に答えられるよう準備しておきましょう。